【サッカー】<GKランゲラック(名古屋グランパス)>「日本で生まれた 我が子を日本代表に育てたい」(フットボール速報)

【サッカー】<GKランゲラック(名古屋グランパス)>「日本で生まれた 我が子を日本代表に育てたい」(フットボール速報)

あわせて読みたい

【サッカー】<GKランゲラック(名古屋グランパス)>「日本で生まれた 我が子を日本代表に育てたい」

1 名前:Egg ★:2020/02/07(金) 10:05:53 ID:X2dKOr2g9.net

Why JAPAN? 私が日本でプレーする理由

名古屋グランバス ミチェル・ランゲラック(1)

Jリーグは現在、じつに多くの国から、さまざまな外国籍選手がやってきてプレーするようになった。彼らはなぜ日本でのプレーを選んだのか。日本でのサッカーや、日本での生活をどう感じているのか? この連載では、彼らの本音を聞いていく。

◆ ◆ ◆

 昨年末、名古屋グランパスと守護神ミチェル・ランゲラックの契約が更新されて、ほっとしているファンも多いだろう。

 2018年1月に加入してから、現在31歳のオーストラリア代表GKは名古屋のゴールマウスに君臨し続け、数多のビッグセーブでチームを救ってきた。一昨季、昨季と連続でJ1残留争いに巻き込まれたグランパスは、彼の働きがなければ、今ごろ再昇格の目標を掲げざるを得なかったかもしれない。

 このインタビューは昨季J1最終節の前に行なわれたもので、もちろん、その時はランゲラックの未来は何も決まっていなかった。チームは最終節まで、わずかながらも降格プレーオフに回る可能性を残していた。それだけに、彼は何よりもその鹿島アントラーズ戦(0-1で敗北も、ほかの試合結果により13位で残留)に集中していたはずだ。

ただこのインタビューで彼が抱いている日本の印象を聞いていたから、きっとこの先もJリーグにとどまるのではないかと、個人的には思っていた。

「日本は生活全般の質が高く、どこに行っても清潔で安全だ。僕らのような外国人を親切に歓迎してくれる。僕と家族はここの生活を心から楽しんでいる。最高にハッピーだよ」

 ランゲラックはいつも快活に、大きな声で正直な言葉を発する。見るからに裏表のないナイスガイは、好きなものは好き、わからないものはわからない、と返してくる。2年前に日本行きを決めた時のことも、次のように打ち明けた。

「率直に言うと、日本への移籍を自分で模索していたわけではないんだ」

 笑顔を浮かべながら、彼は続けた。

「ドイツで7年プレーして(ドルトムントで5年、シュツットガルトで2年)、スペインに行って半年が過ぎ、その後も欧州でキャリアを積もうと思っていた。そんな時に名古屋からオファーをもらって、これはいいなと思ったんだ。

 名古屋については、ジョシュア・ケネディ(元オーストラリア代表。名古屋で6シーズンプレー)から少し話を聞いていてね。僕と彼は同じエージェントに面倒をみてもらっているんだけど、ふたりとも、名古屋の街やスタジアム、クラブのすべてがすばらしいと言っていた」

2/7(金) 6:10配信 スポルティーバ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200207-00885540-sportiva-socc

写真 https://ift.tt/2S4viYG

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1581037553

続きを読む

フットボール速報カテゴリの最新記事