セルティック、ポステコグルー監督招聘で6桁ポンドの違約金を横浜FMに支払いへ

セルティック、ポステコグルー監督招聘で6桁ポンドの違約金を横浜FMに支払いへ

あわせて読みたい

セルティック、ポステコグルー監督招聘で6桁ポンドの違約金を横浜FMに支払いへ

セルティックが本気、横浜FMのポステコグルー監督招へいへ“6桁”の違約金支払いへ
https://ift.tt/3cfdGTF
ポステコグルー監督手を振る.jpg

セルティックが招へいに動いているとされる横浜F・マリノスのアンジェ・ポステコグルー監督(55)だが、セルティックは違約金を支払って招へいするつもりのようだ。『フットボール・インサイダー』が伝えた。

今シーズンは宿敵・レンジャーズに無敗でスコティッシュ・プレミアシップの優勝を許したセルティック。今年2月に2019年5月から指揮してきたニール・レノン監督を解任。ジョン・ケネディ監督が指揮を執っていたが、新シーズンに向けては新たな監督を迎えるべく動いている。

かつてボーンマスを率いていたエディ・ハウ氏(43)をターゲットにしていて交渉していた中、セルティックは交渉がまとまらなかったことを報告。新たな指揮官を探すと声明を発表していた。

そんな中浮上したのが横浜FMのポステコグルー監督。セルティックは本格的に動いている中、横浜FMに対して違約金を払うことを決めたと『フットボール・インサイダー』が報じている。

正確な金額こそ明かされていないが、“6桁”と報じられており数十万ポンドになるとのこと。日本円にして数千万~1億円程度が考えられる状況だ。

セルティックは早期の監督就任を求めており、早ければ今週中にも発表したいとのこと。一方で、ポステコグルー監督は横浜FMに退団を求めたとも報じている。

ポステコグルー監督は、サウス・メルボルンやパナハイキ、ブリスベン・ロアー、メルボルン・ビクトリーで監督を務め、2013年からはオーストラリア代表監督を務めていた。

2018年から横浜FMの監督に就任。堅守が売りだったチームスタイルから攻撃サッカーにスタイルを転向。1年目は12位に終わったが、2019シーズンは15年ぶりとなるJ1リーグ優勝を果たしていた。

2020シーズンはリーグ戦では9位と中位に終わったが、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ではクラブ史上初の決勝トーナメント進出を果たすなど一定の結果を残すと、今シーズンはここまで16試合を戦い勝ち点34で3位につけている。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part13846
https://ift.tt/3wOQXWz

▼記事の続きを読む▼

続きを見る(外部サイト)

カルチョまとめブログカテゴリの最新記事