【サッカー】<新潟>本間至恩より「アイディアは自分のほうがある」。新潟医療福祉大から加入のシマブク・カズヨシが記者会見(フットボール速報)

【サッカー】<新潟>本間至恩より「アイディアは自分のほうがある」。新潟医療福祉大から加入のシマブク・カズヨシが記者会見(フットボール速報)

あわせて読みたい

【サッカー】<新潟>本間至恩より「アイディアは自分のほうがある」。新潟医療福祉大から加入のシマブク・カズヨシが記者会見

1 名前:伝説の田中c ★:2021/05/29(土) 20:48:43.76 ID:CAP_USER9.net

アルビレックス新潟は5月27日、新潟医療福祉大のMFシマブク・カズヨシの来季からの加入、並びにJFA・Jリーグ特別指定選手に認定されたことを発表した。シマブクは翌28日の記者会見で、「1点でも多く取って勝利に貢献したい」とフレッシュな意欲を口にした。

「自分もそこを目指さなければいけない」

「やっとスタートラインに立てたので、どれだけ勝利に貢献できるか楽しみです。1点でも多く取って勝利に貢献し、勢いをつけていきたいと思います」

 シマブクが語った「プロ第一声」だ。持ち味は「ドリブルで何回も仕掛けること。ドリブルを生かしてゴールに向かっていくこと」と強調して、まさに「勢い」を象徴する存在として期待が集まりそうだ。

 左サイドからのドリブルが得意ということで、やはりいまをときめく本間至恩と比較されそう。シマブク自身も成長のために「至恩ドリブル」を見て研究してきたという。

「左サイドから仕掛けていくタイプなので、本間至恩選手を試合のときも見て学んでいました。自分がそこに入ったらこういうプレーをしようとか、違うアイディアを考えて見ていました」

「ドリブルの面でも負けたくないですし、アイディアは自分のほうがあるかなと思います」

 新潟の寺川能人強化部長もその才能に目を細める。

「本人もドリブルが得意と言いましたが、いまドリブラーは減ってきていますので、とても貴重な存在です。小柄でドリブルがうまい選手はいますが、その選択肢を増やす選手になってもらいたいと思います。最後は個人の力、ゴール前での力が大事になってくるので、とても期待しています」

 中村俊輔(現横浜FC)を筆頭に多くのJリーガーを教え子に持つ佐熊裕和監督は、「それぞれ特徴は違いますが」と前置きして、シマブクの持ち味を披露する。

「人間性、明るさ、日本人の謙虚さを併せ持って、コミュニケーション能力が高いです。持って生まれたものかもしれませんが、サッカーに通じるものがあるので期待しています。ドリブルが秀でていて、課題としては守備のところは挙がってきますが、プロで活躍ができる選手で、攻撃のときに違いを出せる選手です」

 佐熊監督にとっては、桐光学園高時代の教え子である鈴木孝司、新潟医療福祉大で指導した矢村健に続く新潟への加入となるが、シマブクの豊かな人間性にお墨付きを与える。「初対面でもあいさつできて、年齢を問わずにコミュニケーションが取れます。お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんとも気軽に話せます」というから、多くのサポーターに愛されそうだ。

 色紙に書いた目標は「J1昇格」。浦和レッズユース時代の同期である橋岡大樹が日本代表、U-24日本代表に選出され、ペルー出身だが日本国籍を取得したいま「いい刺激を受けています。自分もそこを目指さなければいけない」と引き締める。背番号は40を与えられた。現在、J2で2位につける新潟に、本間至恩、三戸舜介に続く新しいドリブラーとして、どんなパワーをもたらしてくれるだろうか。

〈PROFILE〉
シマブク・カズヨシ(Kazuyoshi SHIMABUKU)
■ポジション:MF
■背番号:40
■身長/体重:166cm/63kg
■生年月日:1999年7月29日
■出身地:ペルー
■経歴:東松山新宿サッカースポーツ少年団 → 東松山ぺレーニアフットボールクラブジュニア →浦和レッズジュニアユース → 浦和レッズユース → 新潟医療福祉大

https://news.yahoo.co.jp/articles/9abf4c46dc4649d2869fe4c85b200fd449f10c86

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1622288923

続きを読む

続きを見る(外部サイト)

フットボール速報カテゴリの最新記事