【サッカー】底が知れん!冨安健洋は レベルが上がるほど洗剤能力が引き出される(フットボール速報)

【サッカー】底が知れん!冨安健洋は レベルが上がるほど洗剤能力が引き出される(フットボール速報)

あわせて読みたい

【サッカー】底が知れん!冨安健洋は レベルが上がるほど洗剤能力が引き出される

1 名前:久太郎 ★:2020/06/15(月) 12:02:59.30 ID:w8ahe+MD9.net

東京五輪&パラリンピック注目アスリート「覚醒の時」第24回 サッカー・冨安健洋代表の主力に定着したアジアカップ(2019年)

 アスリートの「覚醒の時」――。

 それはアスリート本人でも明確には認識できないものかもしれない。

 ただ、その選手に注目し、取材してきた者だからこそ「この時、持っている才能が大きく花開いた」と言える試合や場面に遭遇することがある。

 東京五輪での活躍が期待されるアスリートたちにとって、そのタイミングは果たしていつだったのか……。筆者が思う「その時」を紹介していく――。

***

 男子サッカーにおけるオリンピックは、世界一を決める頂上決戦である他の競技とは異なり、ある意味で特殊な大会だ。

 オリンピックの出場資格があるのは、原則として23歳以下。大会登録メンバー18人のうち、3人までは24歳以上(オーバーエイジ枠)の選手を入れることが可能だが、2020年東京五輪の場合で言えば、基本的には1997年以降生まれの選手が対象となる(開催が1年延期になっても、この基準には変更がなく、来年は24歳以下が対象となる予定だ)。

 男子サッカーの世界一決定戦はあくまでもワールドカップであり、五輪は23歳以下の世界大会という位置づけになっている。

 つまり、五輪に出場する選手は、よくも悪くも発展途上。まだまだ未熟とも言えるが、裏を返せば、底知れぬ成長力を秘めているとも言える。

 だからこそ、面白い。

 若く伸び盛りの選手というのは、時に大きな大会で突如化ける。高いレベルに触れることで、それまで眠っていた力が引き出されるからだろう。

 1試合ごとに、いや、1プレーごとにさえ、選手がみるみるたくましくなっていくこともあるほどだ。

東京五輪での活躍が期待されるDF、冨安健洋もそうだった。

 2017年5月、当時18歳の冨安はU-20日本代表の一員として、U-20ワールドカップに出場した。

 結果から言えば、日本はベスト16敗退。南アフリカ、ウルグアイ、イタリアと強豪がそろったグループリーグは辛うじて3位で突破したものの、最終的にこの大会で準優勝するベネズエラとの決勝トーナメント1回戦で、延長戦の末に0-1と敗れた。

 悔しさのなかにも、世界との差を肌で感じることのできた充実の4試合。とりわけ、際立つ適応能力を見せたのが、冨安だった。

 センターバックとして全4試合に先発フル出場した冨安は、初戦こそ緊張もあったのか、バタバタしたところを見せたものの、その後の試合ではさらに相手が強くなったにもかかわらず、彼自身の出来は右肩がりの曲線を描いた。

 吸収力の高さを裏づけるように、冨安は当時、こんなことを話している。

「自分は(この大会で通用した部分に)自信を持つよりも、課題を見つけて取り組むタイプなので。また(この大会で)課題が出たし、それに取り組むだけだと思う」

 日本人選手の中には、国内の試合では高い能力を発揮するものの、国際試合になると相手のスピードやパワー、あるいはリーチの長さに戸惑い、力を出せなくなる選手が少なくない。ところが、冨安の場合はむしろ逆。国際試合でこそ、彼の価値――大きくて、強くて、しかもうまい――は一段と高まる。

 事実、冨安にはJリーグでの、とくにJ1の実績がほとんどない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/64c766f890037e7bf16e31cdac89b86e0697e77d?page=1

>>2以降に続く

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1592190179

続きを読む

フットボール速報カテゴリの最新記事