サガン鳥栖、20億円の赤字…竹原社長「天文学的数字。これも経済」(関連まとめ)(カルチョまとめ)

サガン鳥栖、20億円の赤字…竹原社長「天文学的数字。これも経済」(関連まとめ)(カルチョまとめ)

あわせて読みたい

サガン鳥栖、20億円の赤字…竹原社長「天文学的数字。これも経済」(関連まとめ)

【サッカー】J1・サガン鳥栖、20億円の赤字 赤字は2期連続
https://ift.tt/3bCFD5y
サガン鳥栖試合後2019.jpg

1: ニーニーφ ★ 2020/04/26(日) 11:48:53.33 ID:12tcIBmo9.net

 サッカー・J1サガン鳥栖の運営会社サガン・ドリームス(竹原稔社長)は26日、第16期(2019年2月~20年1月)の収支決算を発表した。
広告収入が8億1千万円(前期22億9千万円)と大きく減少したことなどが響き、当期純損益は約20億円の赤字となった。赤字は2期連続。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200426-03516585-saga-socc

鳥栖赤字20億円「天文学的数字。明日はあるのか」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200426-24260243-nksports-socc
存続危機が伝えられているJ1サガン鳥栖は26日、株主総会と19年度決算報告を行い、2期連続となる約20億1400万円の赤字を計上した。

12年のJ1昇格以来、最大赤字だった18年度の約5億8100万円を大幅に更新した。一方で純資産は2100万円。債務超過は回避しているものの、オンラインで取材に応じた竹原稔社長(59)は「天文学的な数字の赤字を出しているので、存続危機という言葉が合うのか、明日はあるのかということですが、これも経済」と言葉を絞り出した。

19年度の売上高は、約25億6000万円にもかかわらず、チーム人件費が約24億2000万円。主力協賛社離れなど、昨期の半分以下となる大幅な広告料収入減も影響した。

新型コロナウイルス感染拡大の影響でJリーグ開幕は白紙状態の今季は、さらにイバラの道が待ちかまえる。収入がない過酷な状況下、竹原社長は、危ぶまれる資金繰りについて「(資金が持つ期間は)他のJ1のクラブより早いと思っていただけたら。時期の想定は分かると思う」と危機感を募らせた。

融資などを受ける可能性にも触れ「市中銀行であろうと、なんであろうと、生き残っていくことを最大限にしていきたいので、全ての可能性を模索します」と言い、Jリーグからの支援については「使いますか(と問われれば)、使いたい」。今期は、チーム人件費を昨期の半分近い約11億円に圧縮予定。不要不急の支出を減らすなど徹底した経営努力を行う覚悟だが、深刻な経営難に陥っている。

▼記事の続きを読む▼

続きを見る(外部サイト)

カルチョまとめブログカテゴリの最新記事